« 日本人は自己の責任として歴史認識を見直せ! | トップページ | あまりにヒドイ官房長官仙石さん »

2010年10月 3日 (日)

日本国憲法を読んでみよう

・・われらは平和を愛する諸国民の信義と公正に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと云々・・・と前文にあるが、占領軍が日本を二度と立ち直れないようにとの意図で作成されていたとすればかれらの意図も透けて見えてくる。もちろん彼らなりに人類の理想をこの前文に託したことも認めうる。私もまた人類の理想を語るのに何の躊躇いがあろう。music

ただ、未完成な人類の道徳水準から考えるならば、日本だけがいくら諸外国を信頼しようが彼らは彼らの都合で彼らの利益を求めて動くことは自明の理というべきだろう。このような表現がなされている理由は、日本だけを悪者にし、連合国の特に米国の悪事は不問にしたいという意図が隠されている。house

今日世界一安全といわれた日本国内でさえ、夜の女性の一人歩きは危険になってきた。凶悪犯罪だって増加の一方ではないか?

今も残存する社会党や自らを平和勢力と呼ばれたい人たちのなかにはこの平和憲法があればこそ戦後の平和があったのだと臆面もなくいう人がある。もちろん極々少数の見たくない物は見ないですませたい人々の意見ではある。多くの人達は日米安保条約があったればこそ日本一国だけは何とか平和でやってこられたと思っている。そして日米安保のお陰で日本は経済に専念できた。「うまいことやってきた」とそれこそ臆面も無く考えてはいないだろうか?gemini

この国の歩みとこの国の成り立ちをもう一度腰をすえて原点に返り考えようではないか?あらゆる面で日本という国は今、舵を失った船のように波風に揺られるまま航行不能に落ちいってしまっている。rain

歴史問題をそれも根拠無くデタラメな言い掛かりで攻撃されてもほとんどまともに反論さえできない日本国の外交はどうなっているのだろう?それにしても戦後の5年余にわたる思想統制によって徹底的に洗脳され、占領国史観にほとんど反論することも無く、学校教育をGHQの意向そのままに反映させるという従順な国が世界史にかってあったろうか?bell

従順であることそのことが悪いわけではない。自己責任において自分で検証し総括した結論がそうならばそれがどのような結論であれ潔く認め反省しそれからこそ新しい出発がある。しかし、自己責任で検証することも無く、仕方なしにうやむやなままむしろ見ないように振り向かないように戦争の歴史にホオカムリしてきたのではなかったか?

« 日本人は自己の責任として歴史認識を見直せ! | トップページ | あまりにヒドイ官房長官仙石さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382497/37054700

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法を読んでみよう:

« 日本人は自己の責任として歴史認識を見直せ! | トップページ | あまりにヒドイ官房長官仙石さん »