ニュース

2010年11月30日 (火)

橋下知事の発言に賛成する

沖縄に米軍基地を押し付けて平気でいられるヤマトンチュー(本土に住む日本人)はどう考えても肯定できるものではない。橋下知事だけが一人普天間基地移転の受け皿になることを検討すると発言していたが、今日、「政治状況の変化から関空への受け入れはできない旨、現時点では神戸空港こそもっとも受け入れの条件がそろっている」と述べたとの報道があった。cafe

神戸市や兵庫県民からは唐突に感じるヒトがいるかもしれないが、橋下知事の言うことは極くまともな発言と思う。golf

自力で防衛するだけの覚悟を持たない国民が、国土の守りを日米安保に委ね、基地負担は沖縄にほとんどを任せたまま、それなりに豊かな生活を送っている・・・これが日本人の実態ではないのか?baseball

私は兵庫県人として神戸空港が米軍基地の負担を担うというなら、賛成だ。sprinkle

当然反対する人は多いだろう。しかしよく考えて欲しい。仲井間知事のいうとおり、米軍基地は何も沖縄だけのために沖縄にあるのではない。日本全国民の安全のためにこそあるのだから、日本国民一人ひとりにそれ相応の負担を如何に負うかを考えて欲しいと。・・・bullettrain

米軍がいやなら日本人は自分の国は自分で守るだけの覚悟をする必要がある。日本国憲法がいうように諸外国が真に善意で平和と正義を推進するのなら軍隊など必要ない。しかし、この国の周囲を見回すとき、日本国憲法の嘘が愚昧が直ちに露わになる。hospital

現状では日米安保の必要が止むを得ないというなら、神戸空港を提供するのは諸々の懸案を解決する妙案だと思う。