日記・コラム・つぶやき

2012年8月15日 (水)

日本人は自らの責任で近現代史を総括しなおせ!

東京裁判が戦勝国による一方的な敗戦国の断罪であったことについて、当の日本人があまりにも無関心で問題意識が薄いことは、今日的な周辺国からの侮りを受けている原因の一つであると思うsignaler

要するに、日本国及び日本人は不当なあるいは嘘偽りの政治的なプロパガンタに対し、戦後さして反論もせず、あまりにも自己主張することがなかった。もちろん反省から出発するしかなかったのだけれど、同時に戦勝国側の犯罪も決して看過できるものでなかったことを教育のなかで教えては来なかったnewmoon

反省するのはいい、結構だ。しかし日本だけが一方的に悪者であったわけでは決してない。むしろ、日本を悪者に仕立て上げることで自分たちの悪だくみを隠蔽糊塗する意図があったことに日本人はあまりに無頓着すぎるfastfood

これは戦後の指導者があるいは国民の大勢がというべきか?大切なことを置き去りにしてひたすら経済的な成功を追及してきたことの結果というほかないmotorsports

韓国の大統領が自分の不人気を日本敲きで憂さ晴らしすると言う構図は、毎度のことなのだが、日本はそれに対して堂々と反論しないなら彼らの主張を認めてことになる。相手が怒り狂おうとも、反発を恐れずに真実は主張すべきなのだ。事なかれ主義で争いは好まない、まあまあで波風立てずにやってゆきましょう・・という手法は日本国内のみ通用するが、国際社会では絶対に通らない。誤解され軽蔑され大きな不利益を招くこととなる。event

今まさにその付けを払わされている・・・

時間が無いからと、自国の近現代史を省略して済ますような愚かな教育が戦後連綿と続いてきた。教育委員会が機能不全を起こしていることはとっくに明らかだが、何時までたっても改善されることは無かったcat

根本的な問題は見ないようにして、とりあえず枝葉末節ばかりを追いかけるというこの国の民の習性を直さなければ、この国の明日は明るいはずが無かろうに・・sign01

2012年7月29日 (日)

自分の邦の歴史を疎かにする国は滅ぶ

自分の国の歴史をこれほど大切にしない国があるものかと予てより情けなく思っていた私が今、39年も前に発表されていた古田史学と呼ばれる著作群を夢中になって読んでいるfull

従来からの学説が如何に根拠も無く、デタラメなものであったかこれ程までに明々白々に解き明かした書物があったろうか?

津田左右吉が記紀神話はすべて信じるに足らないと断じてより、戦後史学は欠史九代に、神武崇神同一説、神武東遷否定説に、邪馬台国論争等々・・・学問の権威とは誤りの上にさらに誤りの化粧を重ねるものであることを改めて教えられました。

自分の国の現近代史さえも自己責任でその真実を質そうとしないこの国のDNAは、すでに記紀において前王朝の歴史を盗用していたことに始まるのかとヘンに納得するものがありますbook

波風を立てず、今の平和を大切に・・・縄文以来のこの邦の伝統が「長いものには巻かれろ、事なかれ、和を以って尊しと為す・・・」とは悲しくもあり情けなくもあるけれど、見方を変えてみるなら、それはそれで生活の知恵というか、少しでも血を見ることを恐れた倭人の選択だったと見ることもできる。present

例えば・・・

帰化植物のセイタカアワダチソウが日本中の山野を席巻しわが国の在来種が暴虐な生命力を誇るこの植物に淘汰され尽くされるのではと危惧されたのはつい40年ほど前のこと。それがいつの間にか、さしものセイダカアワダチソウもこの国の風土に順応したのか?スッカリおとなしくなって、自分の限られた領分のなかで咲いている・・・bud

半島より帰化した藤原氏が謀略の限りを尽くして、自家のみで日本国の全権力を壟断したのが平安時代といわれている。単純素朴な縄文の末裔は記紀に記されるがごとくに幾度となく騙され貶められてきた。しかしどんな征服者も何世代かを経るうちに、いつの間にか日本化するというか、曖昧ではっきりものを言わず争いを好まない性向を帯びるようになるのがこの国の風土のなせる業というべきか・・・

とはいえ、真実は真実、真実のためにはたとえ軋轢があろうとも断じて譲れないという価値を誰が否定できようbell

ご高齢となられた古田武彦先生のご健勝をお祈りするとともに、一人でも多く古田史学に触れ、日本の古代史そしてこの国の歴史の真実に興味を持つ人の多からんことを願うlovely

2012年7月24日 (火)

いじめについて

二十年以上も前に誰かが言っていた、「子供を日本の公立学校に入れるものではない。いじめはしょっちゅうの事、誰も助けてくれない。先生は知らぬ振り、それどころか先生までが一緒になっていじめに加担さえすることもある。教育委員会に言っても事なかれ主義で何の役にも立たない・・・海外の学校にやれるものならいかせたい・・」sad

今問題になっている学校のいじめも、言われ出してすでに数十年は経過しているのではなかろうか。本質的に何ら改善されることは無かったというべきだろう。angry

亡くなった子供はかえらない。一人の大人としてまことに傷ましく、守ってやれなかった大人の責任の重さを真剣に考えて見ないならば、少年は浮かばれないし、この社会そのものの自殺と同義だと思うのだ。sandclock

この問題はあまりに大きく、この国の現状を見据えた観点に立つだけの視野なくしては本質が見えてこないと思う。flag

大人社会がいじめに溢れているのだから子供たちにもそれが反映されている・・・という人もいる。確カニ・・

北野タケシがいってたのは: 昔からいじめはあった。いじめを通じていじめる方もいじめられる方も学んだ。今の子供に足りないのは最低限の礼方とか作法、これ以上やったらやばいと感じる想像力。昔の武士道みたいな作法を教えよ云々signaler 

百人に近い教職員がいて、誰一人責任ある大人として対応できなかった・・というところが、この国の現状を余すことなく物語っているのではないか?

口先ではきれいな建て前をいうが、いざとなったら責任を誰一人引き受けようとはしない。できることなら手を汚さず済ませたい。不都合なことは見ない、無かったことにしておく。むしろ、積極的な目立つ行動をとる先生の足を引っ張る職場の雰囲気(これは想像です。が、社会全般の雰囲気から推し量ってそのような面が無いはずはないと思う)

言ってみれば、この国の政治、社会の全般に蔓延する風潮そのものというべきだろう。sign05

テレビでは「子供の受験勉強にも影響するので子供がかわいそう・・」とつぶやく親がいたが、それどころではないということさえわからない親たちが数多くいるならば苦難の時代はまだまだ当分続くのだろう。sign01

少なくとも私たち一人ひとりが自分の問題として考え行動しない限りは、何一つ解決しないものと心得なければならない。drama まだまだ言い足りないけれどとりあえずここまでに・・・

2012年1月31日 (火)

日の丸・君が代強制反対を声高に叫ぶ人たちのことを考える

日の丸や君が代に反対する人たちの心情を察するに、先の大東亜戦争に対する深い怒りと反省、贖罪感があるのだと思う。art

戦争に反対なのは、私たち日本人はじめ世界のほとんど全ての人の切なる願いなのだから、戦争を憎む思いを共有することに何の異論も無い。cafe

しかし、日の丸や君が代が戦争をしたのではない。少なくとも、戦争を煽ったのは当時の毎日や朝日等の大手全国紙であり、売り上げを挙げんがために挙って戦争へと世論を扇動したことは決して忘れてはならない。basketball

いまひとつ大事なことは、東京裁判で一方的に日本だけを悪者にして、戦勝国アメリカを中心とする連合国は一方的に善玉に仕立て上げた戦後史観を、無反省に安直に受け入れ、戦後はそのまま経済成長さえできれば善しとしてきた日本人自身(いやこれは自民党を中心とする55年体制というべき)の安易さをこそ反省する必要があるのだと思う。signaler

世界中で、私立ならいざ知らず、公立学校の教員が国旗や国歌に対する国際人なら当然守るべき礼節を欠くようにわざわざ奨励するなどという国が他に在ろうかsign02

そのようなふざけた教育を受けた日本人が世界の諸国で各国の国旗や国歌を軽んずるなら、どのような事態が起きるか?・・たちまちに顰蹙を買い、軽んぜられ、国際交流親善等実現するはずが無かろう。scorpius

天皇制に対する反発もあるだろう。先の大戦で昭和天皇が戦争責任を取らなかったという意見を聞いたことがある。当時の天皇こそ最大の平和勢力だったのだが、たとえそうであったとしても、天皇の名の下で戦争が引き起こされた事実を覆すことはできない。book

天皇制については日本の国柄や歴史というものをもっと考えてみるべきで、天皇制が無くなればこの国が好くなるかのような幻想を抱き続ける小児的左翼の意見には同意できない。bell

戦後のアメリカの宣伝(プロパガンタ)にどれほど多くの日本人が洗脳されたか?これも私たちはしっかりと検証すべきものと思う。angry

戦前も戦後も、日本人はお仕着せや受け売りの思想で思考停止になり、世界史と自国の歴史を自分の責任で検証しなおすという当然の責務を疎かにしてきた。clock

国境が無くなれば世界は一つ・・・世界市民がいるだけ・・・  日本人が考えているようには世界の人たちは思ってはいない。アメリカも中国も韓国もロシアも、周り中の国々は日本という自己主張もせず反論もできず、ニヤニヤ笑みを浮かべるだけの事なかれ主義が蔓延する日本国を尊重するはずが無かろう。cat

政治家も、歴史家や教育関係者も近代史をもっと真摯に研究反省すべきだったのに一番肝腎なところを疎かにしてきた報いを今日本人は受けていることになる。basketball

ドイツは戦後、60回以上も自前の憲法を改正してきたのに、日本は占領軍の置き土産の日本国憲法をそのまま守り続けている。日本人は確かにいいところもあるのだけれど、根本的なところに気付くのが苦手な民であることを認めざるを得ない。moon1

2010年10月 3日 (日)

日本国憲法を読んでみよう

・・われらは平和を愛する諸国民の信義と公正に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと云々・・・と前文にあるが、占領軍が日本を二度と立ち直れないようにとの意図で作成されていたとすればかれらの意図も透けて見えてくる。もちろん彼らなりに人類の理想をこの前文に託したことも認めうる。私もまた人類の理想を語るのに何の躊躇いがあろう。music

ただ、未完成な人類の道徳水準から考えるならば、日本だけがいくら諸外国を信頼しようが彼らは彼らの都合で彼らの利益を求めて動くことは自明の理というべきだろう。このような表現がなされている理由は、日本だけを悪者にし、連合国の特に米国の悪事は不問にしたいという意図が隠されている。house

今日世界一安全といわれた日本国内でさえ、夜の女性の一人歩きは危険になってきた。凶悪犯罪だって増加の一方ではないか?

今も残存する社会党や自らを平和勢力と呼ばれたい人たちのなかにはこの平和憲法があればこそ戦後の平和があったのだと臆面もなくいう人がある。もちろん極々少数の見たくない物は見ないですませたい人々の意見ではある。多くの人達は日米安保条約があったればこそ日本一国だけは何とか平和でやってこられたと思っている。そして日米安保のお陰で日本は経済に専念できた。「うまいことやってきた」とそれこそ臆面も無く考えてはいないだろうか?gemini

この国の歩みとこの国の成り立ちをもう一度腰をすえて原点に返り考えようではないか?あらゆる面で日本という国は今、舵を失った船のように波風に揺られるまま航行不能に落ちいってしまっている。rain

歴史問題をそれも根拠無くデタラメな言い掛かりで攻撃されてもほとんどまともに反論さえできない日本国の外交はどうなっているのだろう?それにしても戦後の5年余にわたる思想統制によって徹底的に洗脳され、占領国史観にほとんど反論することも無く、学校教育をGHQの意向そのままに反映させるという従順な国が世界史にかってあったろうか?bell

従順であることそのことが悪いわけではない。自己責任において自分で検証し総括した結論がそうならばそれがどのような結論であれ潔く認め反省しそれからこそ新しい出発がある。しかし、自己責任で検証することも無く、仕方なしにうやむやなままむしろ見ないように振り向かないように戦争の歴史にホオカムリしてきたのではなかったか?